投資と読書と平凡サラリーマンの私。

読書とランニングと投資を行う平凡な社会人のブログ

【書籍】「瞬時に「言語化できる人」が、うまくいく。」~地味が王道

「瞬時に「言語化できる人」が、うまくいく。」荒木俊哉

 

<所感>

・「どう伝えるか」より「何を言うか」が大事。特に仕事では。

・「何を言うか」を磨くためには視点を変える必要がある。そのためには言語化レーニングするのみ。

・トレーニング=紙に考えを書きだす。

ある問い対して、①どう思うか(感じるか)、それはどういうことか、②なぜそう思う(感じるか)、それはどういうことか。

1日メモ3枚、計6分。

・これを続けて言語化された考えや思いをストックしてく。

 

赤羽雄二「ゼロ秒思考」と同じような感じ。

正直どちらでもよいだろうが、とにかく手を動かしてアウトプットすることが重要ということだろう。

 

地味なトレーニングが結局王道であり効果的とはよくあること。

(英語ならばシャドウイングがそれだと思う)

やってみよう。

 

 

 

<目次>

1 人は「伝え方」より「言語化力」で評価される

2 どうしたら「言語化」できるようになるのか?

3 瞬時に「言語化」できるようになるシンプルなトレーニン

4 瞬時に「言語化」できるようになるシンプルなトレーニング―実践編

5 もっと「言語化」できるようになる方法―発展編