投資と読書と平凡サラリーマンの私。

読書とランニングと投資を行う平凡な社会人のブログ

【書籍】「闇鍋怪談」居島一平 ~ 芸人の中の芸人

「闇鍋怪談」居島一平

 

<所感>

大本営八俵こと芸人 居島一平の実話怪談集。

語り口調で書かれているので、これはもはや活字よりも話芸として聞きたいもの。

特に狂気な舞台をする居島氏ならばきっと極上のステージになるはずだ。

 

ちなみに話としては、いつかどこか特定されないような書き出しがうまい。

例えば「あと地の怪」という話ではこんな感じで始まる。

 

「芸人仲間のWが、有名な避暑地に別荘を持っている友達に誘われて、ある夏そちらに遊びに行ったのだそうえす。

そこそこ立派な建物に、長期滞在でも食事の支度に困らない台所に、これまた立派な冷蔵庫が備えられている。」

 

星新一の作品のような普遍性を醸し出す文才をとても感じる次第である。