投資と読書と平凡サラリーマンの私。

読書とランニングと投資を行う平凡な社会人のブログ

【書籍】「僕は「脱北You Tuber」―北朝鮮から命がけで日本に来た男」キム・ヨセフ

「僕は「脱北You Tuber」―北朝鮮から命がけで日本に来た男」キム・ヨセフ

 

<所感>

北朝鮮から脱北して日本に住む著者。

実際の北朝鮮の暮らしや日本人拉致事件についてどう思っているか‥と思い目を通したが印象的な点は2つ。

 

①「日本の精神文化の概念の「和」は調和や秩序を重んじる。これは集団主義的で社会主義思想と似ている。」

 

この視点には驚いた。

日本人から見ると北朝鮮は最悪の独裁国家のひとつだ。しかし北朝鮮に生まれて暮らすと、その環境が当たり前と感じる。

ただし前者は気が付けばあったもの、後者は人工的かつ作為的に作られたもの。

よって全くの別ものと言えるはずだ。

 

②「北朝鮮朝鮮戦争休戦後に、韓国とアメリカ同盟国へのけん制のために恐怖政治と独裁体制が強化された」

 

確かに未だ終戦となっていない朝鮮戦争の余波ある。

ただし韓国の背後にアメリカがいるというのならば、北の背後には中国がいることは明白だろう。

この点の言及がない点が不思議である。

加えると、そもそも北朝鮮の初代最高指導者の金日成ソ連が作り上げたと言われることを踏まえると、背後にいるものはマルクス・レーニン主義と言うべきかもしれないが。

 

<目次>

第1章 僕の経験した北朝鮮での23年間(10歳で路上生活になった僕;小学校での思い出 ほか)

第2章 祖父母との別れ(はじめて見た北朝鮮以外の国;知らない男たちがやってきた ほか)

第3章 二度目の脱北(ついに足を踏み入れた中国の地;12年ぶり、父との再会 ほか)

第4章 韓国、そして日本(韓国ドラマにあった光景そのもの;お金の使い道がわからない ほか)

第5章 脱北して得たもの自由と新しい家族(今改めて考える北朝鮮という国;特殊な権力構造 ほか)

【書籍】「学びとは何か―“探究人”になるために」今井むつみ

「学びとは何か―“探究人”になるために」今井むつみ

 

<メモ>

行間を補うために使う常識的な知識=「スキーマ」(心理学用語)

スキーマによって本来は記憶できない量の情報を圧縮できる。

スキーマが無いと表面上の意味が分かっても全体の論旨はわからない。

この意味では例えば語学学習においては単語単体の意味を知ることだけでは不十分。

(例えば単語の知識。「壊す」を「break」と覚えても、他にも「壊す」の意味では「rip」「tear」「smash」「crash」「bend」等がある)

 

「知識」を「生かす知識」をすることが重要。

どうする?→向上することの挑戦を止めないことが大事。単に時間をかけることではない。

そのためには?→思い込みから脱却すること。創造性が重要。

 

千里の道も一歩からではあるが、その一歩は単なる数字上の一歩ではないのだ。

 

<目次>

第1章 記憶と知識

第2章 知識のシステムを創る―子どもの言語の学習から学ぶ

第3章 乗り越えなければならない壁―誤ったスキーマの克服

第4章 学びを極める―熟達するとはどういうことか

第5章 熟達による脳の変化

第6章 「生きた知識」を生む知識観

第7章 超一流の達人になる

終章 探究人を育てる

【書籍】「多様性の科学―画一的で凋落する組織、複数の視点で問題を解決する組織」サイド・マシュー

「多様性の科学―画一的で凋落する組織、複数の視点で問題を解決する組織」サイド・マシュー

 

<メモ>

「認知的多様性」が重要性という。

違う見方をする者が強力しあうと、一人の時よりも多くの発見が得られる。

例え個人個人に高い洞察力があっても、集団で盲目になることがある。

→これは洞察における視点が同じならば偏りが生じるので。

つまり多様性がないことは潜在的固定観念があることに等しい。

ただし、肌の色や性別が異なることは認知的多様性が高まるわけではない。

多様性には根拠が必要。

 

根拠のない盲目的な多様性は「多様性」をただ謳っているだけで無知な集団を形成するだけ。

 

こう考えると「財務」に関する省庁なのになぜか経済学部ではない東大法学部出身が基本の財務省は最も多様性が無い集団といえる。もっとも財務省は権力があれば他に何もいらないのだろうが。

 

<目次>

第1章 画一的集団の「死角」

第2章 クローン対反逆者

第3章 不均衡なコミュニケーション

第4章 イノベーション

第5章 エコーチェンバー現象

第6章 平均値の落とし穴

第7章 大局を見る

【書籍】「エネルギー」(上下)黒木亮

「エネルギー」(上下)黒木亮

 

<所感>

2008年発刊。国際的な資源ビジネスの当時の最前線を書いた経済小説

圧倒的な情報量と取材力、そこに自身の実務経験が加わった黒木ワールド全開。

 

主に3つのテーマをもとに小説は進む。

・サハリンの巨大ガス田開発サハリン2プロジェクト(本書ではサハリンBと記載)(これは昨年夏に三井物産三菱商事の出資継続がニュースとなった)

・イランの油田開発案件

・石油ディリバティブ取引

 

特にサハリンBでは担当する主人公の商社マンの妹が環境NGOの立場で、ガス田開発を糾弾する点はこの手の開発において象徴的な側面を表現している。

環境NGOの主張が全て間違っているとは言わないが、どこかで折り合いはつけないといけない。

(ともするとNGOの主張が政治的側面を帯びるが本書では触れられていない。そこは上手い)

 

ただし、主人公が最後に発する言葉が全てと思う。

「俺たちがやらなけりゃ、誰が日本のエネルギーを確保するんだ?」

 

エネルギーの確保は電力の確保に直結する。その電力を甘受してこそ現代社会が成り立っている。

そんな甘みを受けながら一方的な否定は実務的と言えない。

エネルギー問題はここがポイントであり、その解決策のひとつは仕入れ先や発電方法の「分散」であろう。

 

そして本書の舞台は1990代後半から2010年手前という平成真っ盛り。

平成のという時代が手に取るように書かれているのも本書の醍醐味。

そして平成の特に前半の携帯電話もない時代すっかり大昔に感じることと言ったら。。

 

 

 

【書籍】「反日石碑テロとの闘い ―「中国人・朝鮮人強制連行」のウソを暴く」的場 光昭

反日石碑テロとの闘い ―「中国人・朝鮮人強制連行」のウソを暴く」的場 光昭

 

<所感>

コミンテルンが仕掛けた歴史歪曲・捏造はかなり浸透している。

この浸透は従来メディアはもちろんだが、日本の国土の末端部でより色濃い。沖縄と北海道だ。

本書は北海道東川町にある「中国朝鮮人強制連行事件殉難烈士碑文」を軸として、北海道が赤い台地となっている現状を丹念に取材したレポートである。

赤い台地の赤色はあの赤の色だ。

 

著者の粘り強い調査や活動による内容だけに、捏造の現状が克明に書れている。

正直その克明さはもう読みたくなくなるくらいである。

 

何故そこまで真実を見ようとしないのか。そうすることは誰か目的か、都合がいいのか。

 

今の時代を生きる我々(特に現役世代)がやるべきことはシンプルだろう。

まず歴史的事実が歪められていることを知ること。そしてそれを正すことだろう。

 

プロパガンダではなく捏造であり、浸透工作というよりもテロである。

これは現在進行形。そして絶賛加速中。北海道民以外も決して他人事ではない。

 

<目次>

1 反日石碑テロは東川町から始まった

2 東川町朝鮮人強制動員感謝の碑

3 “朝鮮人強制労働者”の墓や遺骨も捏造―美瑛町のニセ人骨・ニセ墓穴事件

4 北海道新聞への公開質問状

5 猿払村共同墓地の石碑テロ

6 ニューヨークタイムズ東京支局長マーティン・ファクラー氏からの取材申し込み

7 私的に建立される強制連行追悼碑

8 呉一相の真実―北海道新聞記事から読み取る“強制連行”の実態

 

【書籍】「Hot Pepperミラクル・ストーリー」平尾 勇司

Hot Pepperラクル・ストーリー - リクルート式「楽しい事業」のつくり方」平尾 勇司

 

<所感>

本書は2008年発刊。

2000年に誕生したホットペッパーは一大旋風を巻き起こした。

クーポン満載の冊子が無料で配布されていると知ったときは、学生だったこともあり、各地で探したものだ。

その後、競合やネット予約が勃興して、ホットペッパーの一興は終わる。

しかしホットペッパー潜在的な顧客を顕在化させるビジネスを見事に実現した好例と言える。

 

そして、ホットペッパーの成長を牽引したのはリクルートイズムともいえる目標達成のあくなきこだわり。

リクルート出身者の営業力がハンパないと言われる一端が垣間見れる。

 

このホットペッパーの事例から参考になったのは以下の2点。

 

  1. 会議での決定事項の伝え方。

「結果」だけではなく、「意見、自分の考え、全体の意思決定の賛否の過程、結果」を伝える。

結果的に上意下達となる伝え方だ。

 

  1. 営業を重視するにはシンプルさが不可欠

商品企画、価格、戦略・戦術、評価指標もシンプルにする。

オペレーションがシンプルになることで、顧客接点に集中できる。

 

ただし、リクルートで働くという意味を考えると所感は異なる。

目標達成のこだわりとか数字重視とかは大事だが、自分の肌感覚以上に偏重している感があり、働く場としてはどうかなあと感じる次第。

(自分の意識の低さは棚に上げての感想)

 

 

<目次>

第1章 『ホットペッパー』の本当のすごさ

第2章 『ホットペッパー』とはいったい何なのか?

第3章 失敗が教えてくれた11の警告

第4章 事業立ち上げの仕組みづくり

第5章 急成長のキッカケとそのしかけ

第6章 顧客接点づくりの仕組み化

第7章 セオリーに反する営業の仕組みづくり

第8章 マネジメント・リーダーの育成

【書籍】「破獄」吉村昭

 

「破獄」吉村昭

 

<所感>

破獄…囚人が牢獄を破って脱走すること。牢破り。脱獄

 

網走刑務所を含む4回の脱獄を実行した無期刑囚(佐久間)をモデルにした小説。

刑務所ごとに佐久間への接し方は変化し、その結果、佐久間とその関係者の心境なとても丁寧に書かれている。

「4回の脱獄」ということを念頭において読んでも、登場人物の心境に焦点を当てることで楽しむことができる。

 

また、時代背景が戦中戦後だがその混乱期の様子の克明さも特筆に値する。

とくに昭和20年以国民向けの主食の配給は米一人一日二合三勺。

そんな中、囚人には作業優先のため一日六合で、網走刑務所の広大な敷地は耕地にされて食料面は恵まれていた。

しかし看守の配給は国民向けと同じで、耕地の食物も囚人優先のため看守の食糧事情が悪く、囚人用食物に手を出すことが事件になったという。

 

ちなみに佐久間のモデルとなった囚人を調べると1979年に亡くなった模様。

そんな昭和の物語。