投資と読書と平凡サラリーマンの私。

読書とランニングと投資を行う平凡な社会人のブログ

【書籍】「日本人が知らない「スーホーの白い馬」の真実」ミンガド・ボラグ

「日本人が知らない「スーホーの白い馬」の真実」ミンガド・ボラグ

 

<所感>

「中国の北のほう モンゴルには 広い草原がひろがっています」

スーホーの白い馬といえば自宅に絵本があった物語。出だしは今も覚えている。

記憶がないが教科書にも掲載されているらしい。

とにかくモンゴルが舞台の話としては抜群の知名度知名度があるだろう。

 

ただしその中身はモンゴル現地の文化、慣習と比較すると不自然な点*が多い。

*競技大会が開かれた目的、大会が開かれた時期、スーホが子馬と出会った時間帯など

どうしてか?

モンゴル出身の著者がその謎や真実を都市伝説的ではなく学術的に解き明かしている。

 

著者の調査によると「スーホーの白い馬」、そしてその原典の「馬頭琴」には当時の政治思想が深く影響して創作されたからという。

これは牧畜民の階級意識を高める思想教育のために使われたということである。

つまり共産主義のプロバガンダの産物の物語と結論付けられている。

 

この物語のせいだけではないだろうが、モンゴルに対するプロバガンダは成功しているようだ。

その結果、牧畜民を無視した「禁牧政策」などモンゴル民族文化をゆがめる事例が多発し、文化ジェノサイドが進行中という。

 

そうであるならば「スーホーの白い馬」の神髄は本当のモンゴル文化を知る契機となることだと思われる。

一方でこの物語の政策背景にはある特定の政治的イデオロギーがあること、および、これは文化侵略の一つの事例であることを忘れてはならない。

 

<目次>

第1章 「スーホの白い馬」が日本に伝わった背景

第2章 階級闘争的な中国の創作文学

第3章 プロパガンダにゆがめられた民族文化

第4章 「スーホの白い馬」が伝えるモンゴル文化

第5章 満洲国から中国へ、翻弄され続けるモンゴル民族

 

【書籍】「雲の上へ 6日間でエベレスト2度登頂の偉業への道」キリアン・ジョルネ

「雲の上へ 6日間でエベレスト2度登頂の偉業への道」キリアン・ジョルネ

 

<所感>

キリアン・ジョルネ。1987年生まれの史上最高の山岳ランナー(トレイルランナー)。

トレランにおけるキリアンは、バスケットボールにおけるジョーダンのような存在。

またSalomon(サロモン)におけるキリアンはNIKEにおけるジョーダンのような存在。

それくらいキリアンはスーパースターと思う。また30代前半にして既に生ける伝説。

ランナーとしては陸上でいうと100m走で優勝しながら、マラソンも優勝する。そんな選手。

 

キリアンは母国語がスペイン語であるので、なかなか情報が少ない。

(そもそもトレランがメジャースポーツではないし)

過去に「Run or Die」という自叙伝的な本が発刊されたが、正直本書を読めば十分。

それくらいに本書は読みごたえがあり、キリアンを知るに足る一冊。

 

印象的な内容をいくつか。

・トレーニング論

「いくつかの扉を開くためにはべつのいくつかを永遠に諦めなくてはいけない」

キリアンにとって一番大事なことは競技の結果よりも、自分が求める水準を保つためにトレーニングを継続するということ。

レーニング最優先のために、犠牲にしなくてはいけないこと(例:酒の席)は犠牲にするとはっきりさせている。

 

川内優輝

本書で唯一言及されている日本人であり、高レベルを保って年間20以上のレースに参加するランナーとして紹介されている。

キリアンは一時期、毎週のようにレースに参加し、ほぼすべてを優勝していた。それこそ負けることがニュースになるくらいに。

そんなキリアンが例に挙げるマラソンランナーが川内選手。(あとはキプチョゲ!)

 

・サロモン所属の立場

キリアンはSalomonと生涯契約をしているのかもしれない(単なる推測だが)

本書では珍しく「経済的に必要以上のものを手に入れた」と自分の経済状況に触れられている。

トレイルランナーでこのように言い切れる選手はキリアン以外にいるのだろうか?

 

このほか、ハードロック100・UTMB等のレースの思い出、人生の転換点となったネ

パール地震の体験。

トレラン愛好者はぜひとも一読を!

 

<目次>

別れ

レーニン

エベレストへの準備

山はぼくの故郷

夏のエベレスト

五〇〇枚以上のナンバーカード

秋のエベレスト

夢のパートナー

冬のエベレスト

ぼくを永遠に変えた出来事

春のエベレスト

【雑記】ワールドトレードセンターのレストラン

1990年代初期、初めての海外旅行は父親と一緒にアメリカに。

中学生になる直前の春休みのことだった。

当時の写真はほぼ無い。

しかし断片的な思い出の一つが、NYのワールドトレードセンターの100階にあったレストランで食事をしたこと。

エレベーターを降りてレストランまでのエントランスの雰囲気が大人っぽ過ぎたこと、と夜景が綺麗だったことを覚えている。

 

それから約20年後。大学生になり、友人宅に集まって前期試験の勉強会を実施。

典型的一夜漬けの試験勉強。

おそらく追試試験だったのかもしれない。

深夜。つけっぱなしのテレビに臨時ニュースが流れる。大きな事故が起きたようだ。

NYの大きなビルに飛行機が突っ込だとのこと。そしてまた一台の飛行機が。

リアルタイムのその映像はまるで映画のワンシーンのよう。

そのビルは、あのワールトレードセンター!

そしてそれは事故ではなくテロだった。

 

凄惨な出来事だった。当時はそれ以上の意味がわからなかったが、今となっては国際社会の転換点となったことは理解できる。

 

このようなテロが日本で起きうるのか?

起きた場合には何ができるのか?

既に違う形で既に起きている可能性はないか?

 

平和・安全・安心は獲得するものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【書籍】「カラ売り屋vs仮想通貨」黒木亮

「カラ売り屋vs仮想通貨」黒木亮

 

<所感>

ゴルゴ13を読めば世界情勢が分かると言われているが黒木亮作品を読めば経済やビジネスの動向がわかる。

自分の経験を踏まえても実ビジネスに近い内容で、業界の実態を知ることができる。

一言で言うと、純粋にためになる。

「排出権商人」や「トリプルA」といった長編作品はそんな黒木作品の良さを存分に堪能できる。

一方、本書のカラ売り屋シリーズは短編であり読みやすい。

 

カラ売り屋の「パンゲアカンパニー」がターゲット企業にカラ売りを仕掛ける

→最初は順調に株価が下がる。含み益発生。

→しかし状況が一転、株価回復。含み損発生。

→さらなる仕掛けを打って、株価暴落。含み益発生し、利確。

 

どれも基本はこの構成。

ワンパターンと言えばワンパターン。

ただし、「仮想通貨の闇」においては各局面の変化があまりに理解度がしきれず、逆に面白かった。

仮想通貨。聞いたことはあるが、よくわからない。

仮想通貨は何を生み出し、これからどうなるのか。

この作品でその一端を垣間見ることができる。

 

しかし、黒木先生、次は長編をお願いします!

 

<収録>

「仮想通貨の闇」…投資家のモデルは元ゾ○タウンのあの人。

「巨大航空会社」…どう見てもモデルはJAL

「電気自動車の風雲児」…主人公のモデルはテ○ラのあの人。

【書籍】「BAD BLOOD シリコンバレー最大の捏造スキャンダル 全真相」ジョン・キャリールー

「BAD BLOOD シリコンバレー最大の捏造スキャンダル 全真相」ジョン・キャリールー

 

<所感>

とにかくとにかくとにかく面白い。

血液検査ベンチャーバイオベンチャー「セレノス」。

それはスティージョブズにあこがれた女性創業者エリザベスが作り上げがたとてつもない砂上の楼閣。

一次は時価総額1兆円超え。エンロン以来の企業不正事件の真相である。

 

1.女性であること

セレノスが巨大化した理由は権力者や著名投資家に取り入るのがうまかったことだ。

その理由はカリスマ性かもしれないが、カリスマ性の大本は間違いなく「若い女性」であるからと印象を受けた。

男性が支配するテック業界に風穴を開ける女性起業家。

こんなにわかりやすいヒーローの登場の舞台は無い。

 

2.企業秘密と守秘義務

一滴の血液で何百種類の検査が可能。誰もが気になる技術的解決策をエリザベスは「企業秘密」の一言で片づけた。

マジックワードである。

またセレノスの企業体質や技術力に疑問を持って退職した従業員には徹底した守秘義務を順守させた。

守秘義務違反は徹底した法的訴求を行う。

この脅威がセレノスの事実の表面化の大きな障害となった。

企業秘密の保持はとても重要で、日本はそれがとても甘い(そもそもスパイ防止法が無い国だし)。

しかし秘密主義が暴走するとこんな事件になりうるという一つの興味深い事例と感じる。

 

3.化学工学

外から見るとキラ星のセラノスには多くの優秀な人材が入ってきた。

中でも化学工学の専攻者が多く感じた。

これは自分が学生時代に化学工学を専攻していたバイアスかかった印象である。

それはさておき学生時代は地味に感じた学問、化学工学。

しかしバイオや医学にも十分貢献できる学問。化工よ、もっと盛り上がれ!

 

<目次>

意義ある人生

糊付けロボット

アップルへの羨望

さらばスラム街

子ども時代の隣人

サニー

ドクターJ

ミニラボ

ウェルネス戦略

「シューメイカー中佐とは何者だ?

【書籍】「日本の神様の「家系図」」戸部民夫

「日本の神様の「家系図」」戸部民夫

 

<所感>

古事記」を中心に日本の神々の系譜がまとめられた本。

各章では①該当する神々に関する神話の概要、②神々の紹介、③神々が祀る代表的神社の紹介で構成される。

 

正直、概要だけを読むだけでも面白い。

しかし一番は巻末に地域別の神社一覧を見て近所や身近な神社を見つけ、その神社が祀る神々の紹介に目を通すとより楽しめる。

 

想像通りだが、出雲大社は別格。あとは伊勢神宮

例えば出雲大社造化三神(ぞうかのさんじん。全ての神々の始祖の神と二番目の神と三番目の神)が祀られている。

(もちろん他の神々も祀られている)

 

あと故郷の富山県雄山神社伊邪那岐命イザナギノミコト)*が祀っていることは初めて知った。

ご利益に応じて神社を選び祈願するのはもちろんあり。

でも地元や近所の神社が祀る神様の特徴を知るだけでも新しい発見があること間違いなし。

 

伊邪那美命イザナミノミコト)と男女一対の夫婦神。雄山神社が祀るのはあくまでも伊邪那岐命で、伊邪那美命は祀っていない。

 

<目次>

第1章 天地開闢の根源神たち

第2章 根源神の子と末裔たち

第3章 イザナギイザナミの二人で生んだ子どもたち

第4章 イザナミが生んだ子、イザナギが生んだ子

第5章 アマテラスの子と孫たち

第6章 アマテラスの末裔と親族たち

第7章 スサノオオオクニヌシ、それぞれの子と親族たち

【書籍】「同和と銀行 三菱東京UFJ“汚れ役”の黒い回顧録」森功

「同和と銀行 三菱東京UFJ“汚れ役”の黒い回顧録森功

 

<所感>

言葉:タブー

意味:ふれたり口に出したりしてはならないとされているもの。神聖または不浄な事物。

 

本来のタブーは主として神聖または不浄なものが対象。

しかしその他にも数多のタブーは存在する。その一つが同和。

このwordを使う際には非常にsensitiveにならざるを得えない。その結果、最初から触れないという選択肢が取られる。

これぞタブー。

 

本書は「部落解放同盟飛鳥支部長」という同和団体の幹部(小西氏)がタブーに基づく力をいかんなく発揮し、銀行を利用しまくるという話。

融資依頼の際には通常では考えられないスピードで決済など、とてつもない配慮がなされる。

ただし銀行は銀行で小西を裏社会との窓口に利用した側面もある。

 

しかそ小西の勢力範囲の広さには驚かされる。

裏社会はもちろんだが、建築・土木業界、政界、警察幹部、さらには国税当局にも小西の掌の上にいる。

特に税金対策における国税の「ご相談」結果は一般の納税者から見ると噴飯ものである。

 

読んでいると初めて大阪の街並みを見たときに感じた、異質さを思い出す。

道路の左右であまりに違う家並み。

侵入者を防ぐ要塞のような行政の建物。

夜になれば男性でも一人で歩きたくないと感じる道。

 

あの異質さの源流はの一つは間違いなく同和問題

その事例が本書に余すことなく書かれている。

 

<目次>

プロローグ

第1章 飛鳥会事件の深淵

第2章 経済成長期の裏側で

第3章 アングラ取引の隆盛

第4章 政財界との闇ネットワーク

第5章 企業用心棒として

第6章 華やかな舞台の楽屋裏

第7章 バブルの狂乱の末

第8章 どぶに捨てた八〇億円

エピローグ